FC2ブログ

Kia Kaha!!

池袋営業所のカウンターこぶ太郎第3弾です。

回転早く、ノリに乗っている我がSTA TRAVELのスタブロ
2011年はまだ3分の1しか過ぎていないのに、
なんと多くの出来事が起こった事か。
今思えば、ゴールドコーストの洪水
とケアンズのサイクロンから始まっていた気がします。
噴火に、地震と、陸・海・空の三大災害が
全て2011年前半に集約されて起こりました。
改めて、被災された方々へのお見舞いを申し上げると共に現地の復興をお祈りし、
経済活動の再発展を東京から応援してゆく所存です

東北地震のわずか18日前、我が第2の故郷ニュージーランドでも大きな地震があり、
日本人を含む多くの方々が犠牲になりました。
「Garden City –花の街-」と称されたクライストチャーチが瓦礫の山で
埋め尽くされた映像は正直いたたまれなかった次第。
ただ、現地は復興に向けて前進あるのみとばかりに、
クローズしていた観光名所ホテルなども徐々に
再オープンしているようです

※写真は震災以前のクライストチャーチです。
ありし日のCHC

AVON.jpg

それぞれの被災地の復興への思いは、
「KIA KAHA (強くあれ)」

の言葉と共に、ニュージーランド航空・政府観光局を中心に
ニュージーランド日本に発信されています。詳細はコチラ
KIA KAHAはニュージーランドの先住民マオリの言葉で、
頑張れ挫けるな負けるな進み続けろ、といった意味を持ち、
旅立ちや葬儀の折にも頻繁に使用される、NZの中ではメジャーなマオリ語のひとつ

Maoriは1000年以上前に、伝説のハワイキからカヌーでやってきた
ニュージーランドの先住民族でその独特な語感の言語や、
一昔前にあった「ガンバッテ、ガンバッテ!」という響きのTVCMでも
日本人には比較的なじみの深い、世界のマイノリティの一種族であると言えます。
現在全人口の約15%程度に留まる少数派でこそあれ、
その強烈な文化と歴史で白人(Pakeha)との共存を果たし、
現在では英語と並びニュージーランドの国語となっているマオリ語は日本語
同じ母音を基本とするので、その言葉や歌は日本人に親しみやすく響きます
maori performance1

maori performance2


Kia Ora---Hello・Thanks 
Haere Mai----Welcome 
Kakite Ano---Good Bye 

の3つのマオリ語を知っていれば、ひとまずつかみOK

深く伸びる歌声の民族のWaiata(歌)、
ラグビーALL BLACKSに代表されるHaka(戦いの踊り)は
各部族ごとの伝統であり、各地の個性が伺えます。
all-blacks.jpg
(※出典はplanetrugby.com)


次回はマオリと仲良くなれる観光スポットをご紹介します。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エスティーエートラベル

Author:エスティーエートラベル
世界各国に営業拠点を置く旅行会社STA Travel。そのJAPAN DIVISIONのスタッフたちが気ままに送る、ひとりごと的ブログです!

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム