FC2ブログ

カレーライフ♪

まいど!
販売促進部タミーです。

かれこれ1か月以上前の話…
深夜テレビを見ていて、そろそろ寝ようかな、と思った時、
とある舞台の宣伝CMが流れた。
若手人気俳優が出ているとか。
気にもとめず、テレビを消そうとしたとき、
耳に残ったのが、その舞台のタイトル
「カレーライフ」

画面を二度見、しばし唖然呆然
眠気も吹っ飛び、タイムトリップ

というのも、この「カレーライフは、
10年くらい前に、ある作家からこの作品を生み出すのに
協力を求められ、取材に応じた、
思い出深い作品だったのだ~♪

この「カレーライフという作品は、竹内真さんという作家による長編小説。

アメリカ、インド、沖縄、おいしいカレーを求めて世界各地を駆け巡る
5人のいとこたち。
カレーが与えてくれた夢、カレーが結んだ心の絆、
「自分探しの旅」を続ける若者たちの爽快で心温まるカレーワールド


というのがサブタイトル。

この本が発売になった当時、
まだブログなどが主流ではない時代。。。

タミーは自分のアジア放浪記や
アメリカ留学体験を
HPにツラツラとアップしていました。

私の留学先は・・・
アメリカのバーモント州
バーモントといえば、
日本人のだれもが想像する「カレー♪のキーワード。

この作品でのアメリカの舞台は、
そうバーモントだったのです

竹内真氏にとって【小説すばる新人賞】受賞第一作目にあたるこの作品。

沖縄とインドには取材旅行に行かせてもらえたが、
予算の関係で、どうしてもバーモントにはいくことができない
でも、登場人物の1人を
バーモントに留学している設定にする予定で
詳しく知っておきたい、
と私にメールしてきたのでした。

ってことで、
バーモントで一番大きな町(といってもド田舎)の
「バーリントン」という町の様子、
大学のこと、真冬の豪雪、普段の生活など、
ことこまかに説明したのでした。



それから数カ月後、すんごい分厚い、
カレー色の本が手元に届きました~

currylife.jpg


わくわくしながら読破。
厳密にいうと、もちろん私の知っているバーモントとは少しちがったけど
でも自分の話から
こんなにイメージふくらまして壮大な小説にしてもらえたのは
とっても嬉しかったです。
とても良い思い出

その小説が、忘れたころに舞台になり
ちょっと昇進した気分です

よろしければみなさんもぜひご購読ください。

この本を読んだ後は、(読んでる最中も)
カレーが食べたくなること、請け合いです。


思い出しながらこの記事を書いているうちに
今日の夕ご飯はカレーに決定
タミーでした


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エスティーエートラベル

Author:エスティーエートラベル
世界各国に営業拠点を置く旅行会社STA Travel。そのJAPAN DIVISIONのスタッフたちが気ままに送る、ひとりごと的ブログです!

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム