FC2ブログ

【フィンランド】サンタクロースの街 ロバニエミ 前編

マーケティングの cica & A子 です。

先日、6泊8日 フィンランドの旅を決行してまいりました!
プランニング日数正味2日、
行き先決定から2週間足らずで出発という『リアル弾丸ツアー』

行程は・・・
日本ウィーンヘルシンキ 寝台列車→ ロバニエミ
ヘルシンキウィーン日本
総移動距離なんと22,594km

自らプランを立てたとはいえ、
移動の多い忙しい旅となりましたが、
初めての氷点下の気温にテンションMAXで楽しんでまいりました。

この旅の醍醐味は、何といってもサンタクロース発祥の地ロバニエミ
ロバニエミまでは、寝台列車で12.5時間かかります。
(飛行機だと1.5時間とあっという間ですけどネ)
この列車は、観光客には『サンタクロースエクスプレス』で知られていますが、
実は、地元の人は知らなかったりするんですよ。

始発はヘルシンキ中央駅
110118_fin_1
日本の駅とは違い、駅員さんがうろちょろしているわけではなく、
駅での切符購入は券売機のみ。(私たちは日本で事前に購入済み)
早めに駅に着き、列車番号と行き先で出発ホームを確認・・・

しかし、番号も出発時間も違う“ロバニエミ”行きがあるだけ。
「あら?時間変わったのかな???」と人に聞きまくったり、
NETを見たりしているが答えは出ず。
いよいよ焦ってきた出発の45分前、ようやく掲示板に列車番号発見!
番号・・・良し!出発時間・・・良し!目的地・・・?!?!?!

すっかり、終点がロバニエミと思い込んでいたが、
終点は“ケミヤルヴィ”で、ロバニエミの2つ先・・・
といっても、ロバニエミから2時間かかりますから。
出発前に判明して良かったぁぁぁ。
危うく寝坊でもしたら、どんな遠くに連れて行かれていたことやら・・・

【私たちの乗った寝台列車・キャビンのご紹介】
列車番号: P265 (Santa Claus Express) Kemijärvi行き
出発:Helsinki 19:26 → 到着:Rovaniemi 7:53
キャビン:2人部屋・デラックス寝台
車運搬用車両、寝台、普通席、食堂車などもあり、長ーい長ーい列車です。
共同ですが、シャワー室もあります。

110118_fin_2



後編に続く
Verry Merry Christmas♪♪ ~フィンランド旅行記続編!2012/12月~もあります!
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エスティーエートラベル

Author:エスティーエートラベル
世界各国に営業拠点を置く旅行会社STA Travel。そのJAPAN DIVISIONのスタッフたちが気ままに送る、ひとりごと的ブログです!

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム