FC2ブログ

ロマンチック街道

こんにちは
高田馬場営業所のTMです。

10年ほど前の話になりますが添乗員(プロ添)を行っていた頃、
ドイツで定番のツアー【ロマンチック街道】の添乗によく行きました。
南ドイツの牧歌的な街道上にある古い街をめぐりながらのツアーで、
今でも添乗員時代の思い出のコースです

今回私の大好きなロマンチック街道を簡単に紹介します。

ロマンチック街道はヴュルツブルクからフュッセンまでの
南北366kmの街道ルートの事を言い、ドイツにはこの様な観光街道が150以上あります。
まさに旅行(移動)大好きゲルマン民族と言ったところでしょうか。
他にはアルペン街道古城街道などが観光街道として有名です。
ロマンチック街道という名前から恋愛(ロマンス)を連想する方もいるかもしれませんが
実際には牧草地が延々と続くロマンスというよりのどかな癒される雰囲気の街道です
この場合のロマンチックはローマ風(もしくはローマ的)という意味があり、
神聖ローマ帝国時代(13世紀~17世紀)に作られた街をつなぐ街道であった事から命名されたとの事です。

ロマンチック街道では特色のあるさまざまな街を巡る事ができます。
城壁の街・宝石ローテンブルグ、おとぎ話にできてきそうな小さな、
可愛い街ディンケルスビュール中世の面影を残すネルトリンゲン
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなった
ノイシュバンシュタイン城のあるシュバンガウ等。
それぞれの街には街ごとに逸話が残されており、
その話を見聞するのもロマンチック街道の楽しみの一つです。

有名な話ではローテンブルグの「大酒飲みで街を救った」という逸話があります。
17世紀、ドイツ中を巻き込んだ30年戦争の時代、
ローテンブルグはティリー伯ヨハン・セルクラエスの侵攻を受け陥落します。
抵抗の代償としてティリー伯はローテンブルグの街を焼き払うと宣言します。
街の参事や市長はなだめようとティリー伯を歓迎する宴会を開きます。
その宴会で大ジョッキに入ったワイン(3.25リットル)を
一息で飲み干せる者がいたら街を救うとティリー伯は言います。
名乗りを上げた老市長ヌッシュが見事ワインを飲み干し
これに感銘を受けたティリー伯は街に危害を加える事をやめたという話です。
今でも聖霊降誕祭(5月~6月)の時期にはローテンブルグの街で、
この逸話を基にした芝居を行われます。
また街の中心広場ではこの故事にちなんだからくり時計の仕掛けを毎日見る事ができます。

是非皆さんも機会があれば中世の面影を残すロマンチック街道を訪れてみてください
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エスティーエートラベル

Author:エスティーエートラベル
世界各国に営業拠点を置く旅行会社STA Travel。そのJAPAN DIVISIONのスタッフたちが気ままに送る、ひとりごと的ブログです!

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム