FC2ブログ

富岡製糸場

ITのキカイダー01です。

先日、富岡製糸場へ行ってきました。世界遺産に登録されることが決まったということで、来場者がとても多く混んでいました。

ところで“富岡製糸場”についてを学校で習った時に“富岡製糸工場”という名前で習ったような気がしませんか?どちらでも大きな違いはないのかもしれませんが、“富岡製糸工場”と覚えていた私はとても違和感があり、どうして“富岡製糸場”なのか不思議でした。まわりでこの話をすると明確に名称を覚えていた人はいなかったのですが、もしかしたら間違って覚えていたのかも・・・。(でも場内のガイドさんは一回だけ“富岡製糸工場”と言っていました。)

開業当時、富岡製糸場(名称は違いますが)は、フランスから技術者を呼び、また建物の設計もフランス人設計者、繭から糸を取りだす機械もフランスから輸入しており、フランスの技術がいっぱい詰まった場所だったそうです。診療所も設置されており、この当時の企業としてはとても充実した福利厚生があったようです。とてもお給金が良かったとのことで、全国各地から女工さんになろうと集まる場所でした。常にお湯を使う仕事(繭から糸を取り出す際にお湯につけながら糸を取り出していました)ということで、冬はとても温かく仕事ができた半面、夏は大変だったようです(クーラーや扇風機がない時代)。徐々に設備も近代化してきたようですが・・・。

でもみなさん知っていましたか?この製糸場は、昭和62年まで稼働していたのを!20年以上前ですが、つい最近まで現役で稼働していたんですね。皆さんも訪れる機会があれば是非場内をガイドさんについていき、話を聞いてみてください。ガイドは無料です!

140530.jpg 

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エスティーエートラベル

Author:エスティーエートラベル
世界各国に営業拠点を置く旅行会社STA Travel。そのJAPAN DIVISIONのスタッフたちが気ままに送る、ひとりごと的ブログです!

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム