FC2ブログ

こぶのLets GO NZ!!  ワイン大好き:その2

NZ大好きこぶ太郎です。NZ小ネタvol.11は、
前フリさせていただいたいたNZワインの産地のご紹介です。
素敵なVINEYARD、美味しいワイナリー巡りができる地方、本日は北島編。

H090_WEB_LOW_RES.jpg
写真提供・Ian Trafford


ノースランド-Northland-
ノースアイランドと間違う方が多いのでご注意・・・ノースランド地方は北島最北端の半島エリアで
Whangareiが中心都市。1819年に宣教師が葡萄の木をこの地方に植えたのが始まりで、
1800年代後半にはワインの醸造方法がもたらされたというワインの原点ともなるエリア。
その後本格的な生産はHawkes BayやMarlborough地域に水をあけられたものの、近年復活の兆しありとの事。
南半球にあるニュージーランドは北部がより温暖であるのは前述の通り、この地方は温暖且つ充分な降雨量もあり
シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン等の生産が盛ん。


ワイヘキ島-Waiheke Island-
日本へのゲート都市オークランドからフェリーで35分、日帰り可能で30もの小規模ワイナリーが点在。
ゆっくりしたい方には、宿泊施設もあるアウトドアアクティビティ満載のリゾートアイランドです。


西オークランド-West Auckland-
オークランド中心部から40分前後西側に位置するエリア、KumeuやWaitakereは大都市近郊と思えないほどの
豊かな自然が広がる地域。歴史あるワイナリーが多いのも特徴です。 


ベイオブプレンティ-Bay Of Plenty-
TaurangaからWhakataneをつなぐ、ニュージーランドのSunniest Capital と呼ばれる地方なだけに
上質の葡萄栽培が可能、シャルドネ、カベルネソーヴィニヨンなどが生産されています。
余談ですが、本来このSunniestな気候を生かしこの地域ではキウイフルーツの栽培が最も盛ん。
日本ではお安くて1個98円の高価なシロモノですが、このエリアでは1kg袋詰めで200~300円てところでしょうか・・・
ニュージーランド航空の機内でいただけるキウイワインもぜひお試しいただきたいところ。


ホークスベイ-Hawke’s Bay-
北島東海岸のGisborne、Napierを中心にニュージーランドで初のワイン生産が行なわれたという一大生産地。
現在では栽培面積は南島のMarlboroughに次いで国内第2位かつ北島最大級です。
フランスブルゴーニュ地方の南部と近い緯度に位置し、降雨量が少なく昼夜の寒暖差が大きい、高品質のぶどう栽培に適した土地であるのが理由だそうです。
個人的にはこの地域の白ワインが一番フレッシュな風味があって好き (*´∀`*)
特にChurch Roadのシャルドネがスーパーで値引かれていたら絶対買った一本でしたね~

ワイララパ(マーティンボロ)
―Wairarapa (Martinborough)―

北島最南端ウェリントンから1時間半ほど北に上がった山あいのエリア。
マーティンボロは中心部近くにワイナリーが点在しているため、ワインめぐりのしやすい小さい町です。
国際的に評価された良質のピノ・ノワールがイチオシ。


多くのワイナリーにはレストランが併設されている事が多く、ワインテイスティングの後は
ハウスワインを洒落込みながら地元の味を楽しむ事ができます。


次回はニュージーランドワインの産地、南島編です♪
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2019/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

エスティーエートラベル

Author:エスティーエートラベル
世界各国に営業拠点を置く旅行会社STA Travel。そのJAPAN DIVISIONのスタッフたちが気ままに送る、ひとりごと的ブログです!

リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム